読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

闇の誕生会

暗黒、退廃と絶望、死神、そんな名の誕生日会

真っ昼間からひとりで帰れないフレンズをホテルへ、そこまでは良かった

まさか、ドアの手前で急直下するとは、アタマから流血

おい、ナンダコレ…オレがやったみたいじゃあないか!

床の血をハンカチで拭き取る、部屋にかつぎこむ

完全にアレだ、痴情のもつれによるアレだ

本当に休ませるために入ったホテルが徒になった、言い訳が成り立たない

うわー唇も裂けて前歯が欠けてる、部屋の中でひとりで倒れた時か?顎も裂けてる

完全にアレだ!いや、どう考えてもアレだ!犯人はオレだ!

ふふふ、やめてくれーなんだこの誕生日会…

ひどいよ、ひどいよ、うぇーなんだよその顔、、誰だか分からないよ

複雑な事情と困難な状況、病院まで送って顎は手術

まぁギリ這いあがって生きてます

ボクたちはふだんは笑顔を届けあう関係なのに

せっかくの誕生日を台無しにしてゴメンだって

それより君の顔が跡形も無いんだが、オレがいたことを後悔だよ

どよよよーん

しばらくはつきっきりに近い形で元気になってもらいます

誕生祝はマブダチどもとあらためて、しかしお祝い連絡もへったなーオレ

広告を非表示にする