読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

希望こそ宝だ…♪

いつも有難うございます。躍動の1日ワクワクドキドキ…今日も一歩でも前へ…

※名言の紹介※

◆聴くことを多くし、

語ることを少なくし、行うところに力を注ぐべし。

成瀬 仁蔵

     

※命に活力を…※

■勉強で大切なことは何か。それは勉強を「しよう」「しよう」と、思い続けることである。その「意欲」が大事なのである。決意した通りに勉強できる場合もある。できない場合も多いかもしれない。調子がいい時も、悪い時もある。しかし、どんな時も、へこたれないで、「また頑張ろう」と決意する。あきらめない。その人が最後には伸びていく。「自分はもうダメなんだ」――そういう「あきらめの心」は、それ自体、「敗北」である。

★クイズ を 解こう ★

★ 子どもが目撃する配偶者間の暴力・暴言を何と呼ぶか?

1ーキッズDV

2ートラウマティックDV

3ー面前DV

◎幸運を呼ぶ宝箱※◎

◆人は、優等生でいようとするから疲れるのだそうです。常に他人の目を気にして、自分自身を繕ってしまうのですね。人は、気持ちを正直に表現するのは、とても勇気のいることのようです。それは、「嫌われないか」という思いが生じるからですね。「自分はどうしたいのか」そのことを常に確認し、行動出来ると、気持ちが楽になってくるようですよ。

クイズの答えです?

☆ 3ー面前DV

★DV=domestic violence(ドメスティックヴァイオレンス)

2004年の児童虐待防止法改正で、子どもに対する心理的虐待に当たるとされた。2014年に警察から児童相談所に通告した面前DVの被害児童数は全国1万1669人。 2年前より倍増。

子どもへの直接的な虐待ではなくても、子どもの心身を傷つける心理的虐待となりうる。

子どもは「次は自分からもしれない」と、不安や恐れの感情を常に抱きやすく、このストレスが自律神経の機能を悪化させると言われている。

親のことを思い出すだけで動悸がする、眠れない、

喘息になるなど様々な不調が出る事があり、幼い時ほど影響が多い。

親のDVを目撃した人は目撃していない人に比べて脳の一部

が委縮している割合が高いという研究結果もある。

被害にあった子が成長するに従い他者との関係をうまく築けないという問題が生ずる可能性が高い。

また、家庭で常に支配的な人間関係を強いられた結果、「自分より上か下か」という視点でしか他者を見られず、結果、自身が

家族を傷つけてしまう加害者になるケースも少なくない。

広告を非表示にする