読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【揺花草子。】<その1900:アニバーサリーイブ。> [自動転送]

 【揺花草子。】<その1900:アニバーサリーイブ。>

 Bさん「今日はあれだよ、通算1,900回目だよ。」

 Aさん「おぉ、そうかそうか。

     このうららかな春にこんな記念すべき日を迎えられて、

     こんなにめでたい事はないねぇ。」

 Cさん「記念すべき日よね。お祝いしたいわね。」

 Aさん「まぁ、そうかも知れません。」

 Bさん「そう言うだろうと思って今日は宴席を用意しているよ。

     阿部さんの名前で予約したよ。」

 Aさん「ちょっ!! 支払いをぼくに回そうって言うんじゃないだろうね!?」

 Cさん「そこは男らしさを見せて欲しいわ。」

 Aさん「いや・・・それってジェンダー論的にアレなやつじゃないですか?

     そう言うこと言っちゃうといろいろ角が立つやつじゃないですか・・・?」

 Bさん「あれ、どうも乗り気じゃないみたいだね阿部さん。」

 Aさん「いや乗り気じゃないって言うか・・・。」

 Bさん「でもまあ、正直なところ、ぼくらもそんなに

     お祝いマインド高まってるわけじゃない。」

 Aさん「高まってないのかよ。」

 Cさん「やっぱりほら、あと少しで2,000回なわけだからね。

     そっちで大々的にお祝いしたいとなれば、

     その手前はまあ少し押さえ気味でも良いんじゃないかってことで。」

 Aさん「まぁ・・・それは、そうかも。」

 Bさん「となると、だ。」

 Aさん「え?」

 Bさん「『めでたさも

      中くらいなり

      おらが春』」

 Aさん「それニュアンス違くない?」

 もっと深い意味があるそうです。

----------

「Meisters Brief」から自動転送

http://www.studiohs.com/28if/brief/2017/04/10.html